ラブレ

最近の記事

  1. 2016.11.13

    腸内バランスを保つための3つのポイント

    腸内バランスが良い状態は善玉菌の割合が高い(善玉菌優位)ことを意味していますが、…

  2. 2016.10.9

    体内のビフィズス菌の増やし方

    ビフィズス菌を増やすためには、生活習慣を改善するのが効果的です。 毎日一定…

  3. 2016.7.31

    オリゴ糖を購入する時のポイント

    オリゴ糖はたくさんのメーカーからいろいろな種類が発売されているので、どれを選べば…

  4. 2016.5.22

    ピロリ菌が引き起こす病気とLG21との関係

    ピロリ菌に感染した場合、胃の粘膜が損傷されたり炎症が生じたりします。 この…

  5. 2016.4.17

    製薬会社が作った乳酸菌サプリメント”久光製薬 乳酸菌EC-12”

    やっぱり製薬会社が作ったサプリメントの方が安心で効果も期待できる、という方に人気…

  6. 2016.4.17

    【明治】ヨーグルトのある生活 ナチュラルライフキャンペーン ~ブルーコレクション2016~

    明治からキャンペーンのお知らせです。 明治ブルガリアヨーグルト 「ヨーグル…

  1. 明治「アミノコラーゲンヨーグルト うるおい白桃」新発売
  2. 【小岩井乳業】生乳ヨーグルトシリーズ プレゼントキャンペーン
  3. 便秘解消に効果のある乳酸菌の選び方
  4. ヨーグルトに関するアンケート調査 by マイボイスコム

自分に合ったヨーグルトの選び方

ただ漠然と健康にいいから、美容にいいからという理由でヨーグルトを食べる場合は気にしなくてもいいのですが、目的がはっきりしている場合はどのメーカーのヨーグルトでもいいわけではありません。

というのも、メーカーによってヨーグルトに含まれている菌の種類が異なるからです。

また、菌種によって期待できる効果が異なる点にも注意が必要です。

たとえば、どのメーカーのヨーグルトにも便秘解消効果が望めるかというと、そうではありません。

お通じを良くしたいのに、便秘解消効果が期待できる菌が含まれていない商品を購入して摂っても、希望した通りの結果が得られないのです。

美肌効果やアトピーの予防改善、花粉症などのアレルギー対策をしたい人も、これらの効果が見込める菌が含まれているメーカーのヨーグルトを選ばないと、望んだ通りの効果はもたらされません。

したがって、自分に合ったヨーグルトを選ぶためには、まずは各社のヨーグルトに含まれている菌種が何なのか調べることが大切です。

そして、その菌種に期待されている効果が何なのかをチェックすると、自分の悩みの解決に役立つヨーグルトがどれなのかが必然と分かるでしょう。

また、特定保健用食品(いわゆるトクホ)かどうかも選ぶ際の参考になります。

これは消費者庁に認められた商品にマークが表示されていますが、生きたまま菌が腸に到達することが可能ですので、自分の目的に合ったヨーグルトであれば、より高い効果を期待することができるでしょう。

人気の記事

ページ上部へ戻る