ラブレ

乳酸菌とビフィズス菌の違い、知ってますか?

ヨーグルトに含まれている菌として代表的な種類の菌は、乳酸菌とビフィズス菌ですが、同じものと認識している人は少なくないでしょう。

しかしながら、両者は異なる菌であり、違った特徴を持っているのです。

まずビフィズス菌ですが、人間の体内に非常に多く生息していて、その数は1兆以上にもなります。

乳酸菌も体内に生息していますが、ビフィズス菌は乳酸菌の100倍以上の数いるのです。

また、ビフィズス菌は偏性嫌気性で、酸素がある環境では生育することが不可能なのですが、乳酸菌は通性嫌気性で酸素がある環境でも生育することが可能な点で、違いがあります。

それから、乳酸菌は糖の分解を行うことで、大量の乳酸を生成しますが、ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸を生成する特徴があるのです。

以上のように異なる特徴を持っているビフィズス菌と乳酸菌ですが、共通点がないわけではありません。

ビフィズス菌も乳酸菌も、腸内では善玉菌として作用してくれるのです。

なお、ヨーグルトには当たり前のようにビフィズス菌と乳酸菌が含まれていると思っている人が多いのですが、実はビフィズス菌に関しては含まれていないものがあるのです。

ビフィズス菌が含まれていないヨーグルトにも腸内環境を整える効果がある程度期待できるといわれていますが、ビフィズス菌が含まれているものよりは劣るとされています。

したがって、整腸作用に優れているヨーグルトが欲しい人は、ビフィズス菌が含まれているかどうかをチェックした上で購入することが大切といえるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る