ラブレ

乳酸菌の動物性と植物性の違いを知ろう

乳酸菌は「乳」という文字が入っているので、ヨーグルトなど乳製品に含まれているものというイメージがあります。

ですが乳酸菌は、糖を発酵して乳酸や有機酸などの有機物を生成する菌全般のことを指すので、こういった意味では動物性でも植物性でも同じものと言えます。

ただし、生息する場所や元となる糖の種類は、動物性と植物性で異なるので、まったく同じということではありません。

動物性は生き物が持つミルクなどに生息しているもので、植物性はその名の通り植物に生息している乳酸菌になります。

ヨーグルトなどミルクを発酵させて作られるのは動物性乳酸菌で、ぬか漬けやキムチなど野菜を発酵させて作られるのが植物性乳酸菌なので、発酵させる食材が違うのです。

また、関係している糖にも違いがあり、動物性は乳糖だけですが、植物性はブドウ糖や果糖など多糖類にも関係しています。

ですが、なんといっても一番の違いは生息出来る環境です。

動物性というのは栄養バランスが整えられた環境の中で発酵しますが、植物性は栄養バランスが悪くあらゆる刺激を受けながら発酵します。

植物性乳酸菌の代表格といえば、ぬか漬けや味噌などですが、これらの食品は塩分濃度が高い環境で発酵されます。

動物性は高濃度の塩分の中では生息することができませんし、胃酸などの刺激によって死滅しますが、植物性は高濃度の中でも生き抜いて発酵して作られる乳酸菌なので、胃酸や胆汁で死滅することはありません。

それぞれに働きは違うので、一概にどちらが良いとは言えませんが、より強い乳酸菌を求めるのであれば植物性を選ぶのが正解です。

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る