ラブレ

ビフィズス菌ってどんな菌?その働きや体に与える効果は?

ビフィズス菌とは、人間の腸内に生息している細菌の一種であり、善玉菌の仲間でもあります。

大人の腸内にいる善玉菌のほぼ100%の割合を、ビフィズス菌が占めているのです。

ビフィズス菌はずっと一定量が存在しているわけではなく、加齢や食生活の乱れ、ストレスの蓄積などにより減ってしまいます。

ビフィズス菌が減少し悪玉菌が増殖すると、健康や美容を損ねてしまうため、外部から補ってあげることが大切です。

また、ビフィズス菌は乳酸や酢酸を生成するほか、腸の中でビタミンB類、葉酸といった成分を生み出す役割を担っています。

さらにカルシウムの吸収をサポートするはたらきもビフィズス菌はしているのです。

以上のような特長を持っているビフィズス菌ですが、積極的に摂ることで期待できる効果がさまざまあります。

まず、ビフィズス菌には腸内環境を改善する効果が望めます。

腸内環境が良くなることによって、お通じが悪い、お腹を下すといった悩みが解決する可能性があるのです。

また、腸内環境が整えられることによって、免疫力アップの効果も期待することができるでしょう。

そのほか、ビフィズス菌と一口にいっても、大別すると動物由来のものとヒト由来のものとがあります。

動物由来のビフィズス菌は人間の腸の中には棲みつかない性質があるといわれており、ヒト由来のものは人間の腸の中に棲みつく性質があるのです。

そのため、健康や美容への効果が期待できるのはヒト由来のビフィズス菌であるといわれています。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る