ラブレ

ヨーグルト摂取による整腸効果を知ろう

整腸効果というのは、お腹の調子を整える効果のことをいいます。

ヨーグルトを継続的に摂ると、整腸効果によって下痢や便秘といったお腹のトラブルが解決する可能性があるのです。

このヨーグルトの整腸効果は有名で、ご存知の人は多いでしょう。

しかしなぜお腹にいいのかまでは知らないという人が少なくありません。

まず、下痢や便秘のトラブルに悩まされるのは、腸内に悪玉菌が多く生息していることが一因となっているからです。

ヨーグルトに含まれている善玉菌がこの悪玉菌の勢力を抑制してくれるため、整腸作用がもたらされるのです。

また、お通じが悪くなってしまうのは、腸のぜん動運動が鈍っていることが原因でもあります。

ヨーグルトには豊富に乳酸菌が含まれていますが、この菌が乳酸や酢酸を生成します。

これにより腸に刺激が加わりぜん動運動が盛んになるため、便秘の解消や予防につながるのです。

そのほか、便秘は悪玉菌によって生み出される有害物質も一因になります。

乳酸菌は悪玉菌により生成された有害物質を運び、体外へと排出してくれるのです。

それから、ヨーグルトを摂ると小腸で行われる栄養の吸収が調整されるといわれています。

腸内環境が悪いと余分な栄養まで取り込まれてしまい、血液にまで流入していわゆるドロドロ血液になってしまいますが、これを防ぐのに効果的なのです。

以上のような整腸効果が、ヨーグルトを摂り続けることで期待できます。

なお、ヨーグルトの乳酸菌などは、一度摂ればずっと体内にい続けてくれるわけではありません。

したがって、整腸効果を得たい人は毎日ヨーグルトを食べることを習慣化したほうが良いのです。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る