ラブレ

便秘改善効果だけじゃない!乳酸菌の働きと効果

人によって価値観が異なるので、乳酸菌の摂取が必要かどうかもそれぞれに感じ方が違うかもしれませんが、働きや効果を知るとその概念も変わるかもしれません。

乳酸菌というと、便秘がちな人が摂るものと思われがちなので、特に便秘などの症状がなければ摂らないという方も多いようです。

ですが、乳酸菌は単に腸の働きを活発にして便秘を解消するだけではありません。

腸というのは、体内でもっとも大きい免疫器官であり、腸内環境によって免疫力の強さが違ってくるのです。

乳酸菌は腸の免疫機能を活性化するという働きをするので、病原菌などによる感染を防いだり、ガンの予防や抑制などの効果があるとも言われています。

また、腸内の老廃物や不要物の腐敗を防ぐという働きもしてくれます。

いくら毎日便通があっても、食事をしていれば常に便が作られているので、腸には老廃物などがどんどん溜まっていきます。

腸の悪玉菌が優勢になっていたり、善玉菌の働きが衰えると、老廃物は腐敗してしまうので体に有害な毒素が発生し、これが血液に取り込まれて全身をめぐってしまいます。

毒素が体内をめぐると、内臓器官の働きが低下したり、毛穴から排出されるときに皮脂と混ざり合って肌トラブルを起こしたりします。

乳酸菌は悪玉菌の働きを抑える善玉菌の餌となるので、毒素の生成を抑えるという効果も得られるのです。

また、あまり知られていませんが、ビタミンB1やB2、食材からは摂取しにくいビタミンB6やB12、葉酸などのビタミンを作るという働きも持っています。

これらのビタミンは、健康にはもちろん美容にも欠かせないものなので、乳酸菌は美容効果もあるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る