ラブレ

オリゴ糖が便秘解消に効果的な理由

腸内環境が悪化すると、便が固くなったり逆に形成されずゆるくなったりするため、便を移動させて肛門まで運ぶ蠕動運動が行われなくなり便秘が起こります。

腸内環境を整えて蠕動運動を活発にするには善玉菌を増やさなくてはいけないのですが、そこで重要になるのがビフィズス菌です。

ビフィズス菌は善玉菌の9割を占めているので、ビフィズス菌を増やすことが腸内環境の改善になるのです。

ただ、いくらビフィズス菌ヨーグルトなどで摂取しても、食べ物から取り込んだビフィズス菌は短命なので、腸内環境を整える前に排出されてしまいます。

ビフィズス菌を長く腸内に留まらせるためには、栄養となる餌を与えて元気にしなくてはいけません。

その餌となるのがオリゴ糖です。

オリゴ糖はブドウ糖やガラクトースなど複数の糖分が結合したものなので、胃酸などで消化されずに腸までしっかり届きます。

オリゴ糖によってビフィズス菌が元気になれば、善玉菌が増えて優位になるので、腸内環境が整えられて便秘を解消することができます。

つまり、オリゴ糖はビフィズス菌の働きをサポートする役割を持っているので、便秘解消にいいと言われるのです。

これは医学的にも証明されていることで、赤ちゃんの健康状態を調べるため、母乳で育った赤ちゃんと人工ミルクで育った赤ちゃんの便を比較したところ、母乳の赤ちゃんの方が腸トラブルが起こしにくいことが判明しました。

その理由をたどった結果、母乳に含まれるビフィズス菌増殖因子、つまりオリゴ糖が有効ということが分かったのです。

だからこそ、便秘解消には善玉菌を増やすことも大事なのですが、増やすための餌であるオリゴ糖の摂取も必要なのですね。

口コミで日本一売れている噂のオリゴ糖です

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る