ラブレ
  • 2015.12.19
  • 便秘に効果的なオリゴ糖の食べ方 はコメントを受け付けていません。

便秘に効果的なオリゴ糖の食べ方

オリゴ糖は食品ですから、食べ方や摂取するタイミングに厳密な決まりはありません。

ただ、便秘の解消のためにオリゴ糖を摂取するのであれば、効果的な食べ方があります。

それは乳酸菌と一緒に摂取することです。

オリゴ糖の便秘解消効果というのは、腸内に住む善玉菌の餌になることで得られます。

オリゴ糖によって善玉菌が増加したり、活性化するからこそ腸内環境が改善されて便秘の解消につながるのですね。

つまり、善玉菌が不足した状態だと、いくらオリゴ糖を摂取しても増殖するまでに時間がかかるため、効果が出にくくなってしまいます。

乳酸菌を一緒に摂れば、善玉菌の補給と活性化を同時にできるので、より便秘解消効果が高くなります。

お勧めなのは、やっぱりオリゴ糖と相性が良いヨーグルトです。

ヨーグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれているので、これだけでも腸内の善玉菌を優位にする効果が期待できますが、餌となるオリゴ糖を一緒に摂るとさらに効果がアップします。

また、最近は生きたまま腸まで届く機能性の高い乳酸菌を配合しているものも増えているので、より効率よく腸内環境を改善できます。

できれば無糖のもので、甘味はオリゴ糖で加えるようにしてください。

他にも、納豆やキムチなどの発酵食品も乳酸菌をたっぷり含んでいるので、ヨーグルトが苦手という方は発酵食品と一緒に食べるのもいいでしょう。

ただし、いくら便秘に効果的と言っても、過剰摂取するとお腹がゆるくなることがあるので、適量を守って食事に取り入れるようにしてください。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る