ラブレ
  • 2016.3.6
  • 便秘解消に効果のある乳酸菌の選び方 はコメントを受け付けていません。

便秘解消に効果のある乳酸菌の選び方

世の中にはたくさんの便秘解消法がありますが、それでも便秘に悩んでいる方は一向に減りません。

その理由はとても簡単なことで、腸内環境に対してダイレクトにアプローチしていないからです。

便秘解消のためには、適度な運動や水分摂取、食物繊維を摂る、腹筋を鍛えるなどが効果的と言われますが、こういった方法は間接的にしか腸内にアプローチしません。

便秘は腸内で悪玉菌が優勢になり、蠕動運動が低下したり便がきちんと生成されないことも原因となっているので、まずはこの状態を改善しなくてはいけないのです。

そのために必要なのが、悪玉菌を減らして善玉菌の増殖を助ける乳酸菌です。

乳酸菌は胃酸などで死滅しても、腸までどんどん流れていって善玉菌の餌となるので、腸の状態をダイレクトに改善することができるのです。

乳酸菌にはいろいろな種類がありますが、その中でも便秘解消に効果があるのがビフィズス菌です。

ビフィズス菌は、便が腐敗することで発生した有害物質を取りまとめて排出させるという働きがあるので、環境が悪化した腸内をどんどん掃除して綺麗にしてくれます。

不要物や有害物質が排出されれば、善玉菌の働きも活性化しますし、乳酸菌を餌にして増殖するので腸内環境が整うため根本的な便秘解消につながるのですね。

また、最近注目されている、植物性乳酸菌のラブレ乳酸菌も便秘解消に効果的です。

ラブレ乳酸菌が腸内に蓄積していくと、便の状態を改善して蠕動運動を活発にし、便通をよくする効果があると言われています。

このように、便秘解消に効果の高い乳酸菌を取り入れることは一番の解消法なので、サプリメントなど毎日続けやすいもので摂取していきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る