ラブレ

ピロリ菌が引き起こす病気とLG21との関係

ピロリ菌に感染した場合、胃の粘膜が損傷されたり炎症が生じたりします。

この状態を放置していることにより、多くの病気を招くリスクが増大してしまうのです。

主に胃に関する病気を引き起こすことになりますが、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどになる可能性があります。

命に関わる病気も含まれていますので、ピロリ菌は決して軽視してはいけません。

薬を使用する除菌療法によりピロリ菌は撃退することができますが、薬以外でも乳酸菌が効果を発揮することが分かっています。

ピロリ菌は胃酸に強く死滅することなくとどまり続けられる特徴がありますが、乳酸菌のLG21が生み出す乳酸には弱いという性質があるのです。

LG21乳酸菌の強力な殺菌作用で、ピロリ菌の対策が行えます。

薬を使ってする除菌療法の場合には、副作用が起こるリスクがありますが、LG21の場合は安全な乳酸菌のため、副作用が起こる心配はありません。

また、体内に取り込んでもアレルギーを起こすこともありませんので、安心して摂取することができます。

そのほか、低栄養の環境で増加しやすい性質がLG21にはありますので、栄養の乏しい胃の内部でも乳酸がしっかりと効果を発揮してくれます。

なお、LG21はヨーグルトに含まれていますが、全ての商品に入っているわけではないため注意が必要です。

LG21目当てでヨーグルトを購入する人は、含まれているかどうかをしっかりと確認し、ピロリ菌対策に活かしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る