ラブレ

腸内バランスを保つための3つのポイント

腸内バランスが良い状態は善玉菌の割合が高い(善玉菌優位)ことを意味していますが、良好なバランスを維持するには食事、運動、ストレスがポイントになります。

まず食事に関してですが、善玉菌を増やすヨーグルトを摂るほか、善玉菌のエサになるオリゴ糖や食物繊維を積極的に摂りたいところです。

また、悪玉菌が増加し、腸内バランスの崩壊の原因となる脂肪やたんぱく質が多い肉などの食品は極力控えたほうが良いでしょう。

次に運動ですが、適度なレベルの有酸素運動がおすすめです。

ハードな運動は交感神経がたかぶり、腸の活動が抑制されてしまいますので、会話を楽しめる程度の有酸素運動が良いのです。

また、腹筋を鍛えてあげることで、腸のぜん動運動の正常化につながり、便秘が解消されれば腸内バランスが良好な状態に保たれます。

なお、腹筋も無理をしてやるのではなく、前述したような理由があるため、軽くやる程度が効果的です。

そしてストレスですが、趣味の時間をつくるなどして発散しなければ、自律神経のバランスに狂いが生じます。

自律神経のバランスが崩れると腸の活動が弱まり、腸内バランスを悪くする便秘の原因になります。

また、交感神経が優位になると腸の活動が悪くなり、お通じが悪くなってしまいますので、ストレスの解消はリラックスができて副交感神経が優位になる方法がおすすめです。

以上のポイントに注意しながら毎日過ごしていけば、良好な腸内バランスを維持しやすくなることでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る