ラブレ

最強コンビで便秘を解消!オリゴ糖と乳酸菌の関係

便秘を解消できる成分としては、オリゴ糖も有名ですがもう一つ乳酸菌もよく耳にしますね。

オリゴ糖は善玉菌の90%以上を占めるビフィズス菌の餌となり、ビフィズス菌の増殖や強化に役立つ成分です。

一方、乳酸菌はビフィズス菌を含む善玉菌の元になる菌です。

つまりオリゴ糖は善玉菌を増やすために影で支えるサポート役、乳酸菌は腸内環境を改善するための主役という関係にあるのですね。

では、どちらを摂れば便秘解消に効果があるのか、ということですが、これはどちらも摂取するのが理想です。

いくらオリゴ糖をたくさん摂取しても、善玉菌が不足している状態では悪玉菌に打ち勝つことができません。

また乳酸菌だけ摂取しても、外部から取り込んだ乳酸菌は腸内に定着しにくいため、オリゴ糖がないと排出されてしまいます。

ですので便秘を解消するためには、オリゴ糖も乳酸菌もたっぷり摂る必要があるのです。

たまに、オリゴ糖をきちんと摂取しているのに便秘が改善されない、という口コミを見かけますが、これはオリゴ糖に効果がないわけではありません。

便秘ということは腸内の善玉菌が不足している状態なので、そこにオリゴ糖だけ取り入れても善玉菌を増やすことはできないので便秘も解消できません。

オリゴ糖はあくまでも善玉菌の餌となる役割しかないため、その働きを便秘解消に活かすには、乳酸菌も摂取してください。

オリゴ糖と乳酸菌は持ちつ持たれつの関係ですから、どちらもしっかり摂取することが便秘解消効果につながることを覚えておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る