ラブレ

ヨーグルトとオリゴ糖は便秘解消の最強コンビ

ヨーグルトと一緒に摂ったほうが良いとされているものが色々と紹介されていますが、代表的なものにオリゴ糖があります。

オリゴ糖は小糖類の一種なのですが、どうしてヨーグルトと共に摂取したほうが良いのでしょうか。

この問いに対する答えですが、ヨーグルトの中にはビフィズス菌入りのものがあります。

このビフィズス菌が腸内で増加すれば整腸効果などがもたらされるのですが、オリゴ糖はこのビフィズス菌のエサになるのです。

ビフィズス菌がオリゴ糖を食べて増殖すれば、分解された際に生成される有機酸が多くなります。

これにより腸に刺激が加わると、ぜん動運動が盛んに行われるようになり、お通じが悪い状態が改善されやすくなるのです。

ビフィズス菌単体で摂る場合より、オリゴ糖と摂取したほうが高い便秘改善効果が期待できるというわけです。

また、有機酸が増加すれば善玉菌優位の状況がつくり出されやすくなりますので、腸の機能がさらに良くなって便秘を未然に防ぐことにも繋がるでしょう。

そのほか、オリゴ糖にはビフィズス菌をサポートする以外にも複数の効果が期待されています。

たとえば、砂糖の代わりに使用することで、カロリーを摂取する量を減らすことが可能です。

また、オリゴ糖には虫歯を未然に防ぐ効果もあるといわれています。

なお、ヨーグルトとオリゴ糖を一緒に摂りたい場合、オリゴ糖が含まれている食品を摂取してもいいのですが、多く摂るのが困難なためあまりおすすめできません。

甘味料から摂るほうが多くのオリゴ糖を手軽に摂れるため、ヨーグルトと共に摂るならこちらが良いでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る