ラブレ

食べるヨーグルトと飲むヨーグルトの違い

食べるヨーグルトと飲むヨーグルトには、主に3つの違いがあります。

一つは作り方の違い、もう一つは味の違い、そしてあと一つは摂りやすさの違いです。

まず、飲むヨーグルトの作り方に関してですが、固形のヨーグルトを攪拌することによって細かくし、液状にするのが特徴です。

生乳に乳酸菌を入れて発酵させただけの、いわゆるプレーンタイプの飲むヨーグルトもあれば、砂糖、香料といった添加物が加えられた飲むヨーグルトもあります。

なお、食べるヨーグルトは多くの場合、容器に詰めたあと発酵させられますが、飲むヨーグルトの場合は発酵させたあとに容器に詰められるのが一般的です。

味に関してですが、商品により多少の違いはあるものの、食べるヨーグルトと比較して飲むヨーグルトは甘味がしっかりと感じられるものが多いです。

美味しく摂りたい、食べるヨーグルトでは味気ないと感じる人は、飲むヨーグルトを摂ってみると満足感が得られるのではないでしょうか。

摂りやすさの違いについてですが、飲むヨーグルトは文字通り飲むだけでいいので、手軽に菌を体の中に取り入れることができます。

忙しくてゆっくり食事を摂る暇がないときでも、飲むヨーグルトなら素早く摂ることができるでしょう。

また、食べるヨーグルトと飲むヨーグルトでは、効果に違いはないのかと疑問に感じている人もいるでしょうが、結論からいうと大した差はありません。

飲むヨーグルトだからといって、食べるヨーグルトより菌の量や作用が乏しいということはありませんので、好みで選んでも問題ないのです。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る