ラブレ

ヨーグルト摂取による免疫力改善効果を知ろう

免疫力が低下していると、病気にかかりやすくなってしまいますが、ヨーグルトを摂り続けることで免疫力改善効果が狙えるといわれています。

一体どうして免疫力アップにヨーグルトが効果的なのでしょうか。

まず、ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれていますが、乳酸菌を多く摂取し、善玉菌が腸内で増殖すると免疫活性物質の分泌が促進されます。

そして体内のリンパ球が活性化されて、免疫力が高まるのです。

免疫力が改善すると、風邪をひきにくくなるだけでなく、インフルエンザのような重い病気に対しても強くなれます。

また、病気だけでなく食中毒のようなトラブルも、免疫力が高いと避けられる可能性が高まるのです。

食中毒を引き起こす細菌は、ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌が生成する乳酸や酢酸により、活動が抑制されます。

そして活動が鈍ると腸内で増加することの防止になるため、ヨーグルトを摂っていると食中毒にも強くなることができるわけです。

なお、ヨーグルトを摂り続けていることで免疫力が高まるのは、単純にそういわれているレベルの話ではありません。

国内外を問わずヨーグルトに含まれている細菌の研究が行われていますが、こうした取組みで免疫力改善に効果的なことが明らかになっているのです。

このところ体調を崩しやすいという悩みがある人は、免疫力が低下している疑いがあります。

日々の食事にヨーグルトを取り入れることによって、病気に強い体作りを目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

人気のページ

ページ上部へ戻る